月心会館|想心季 せとまる月館 星館

ホーム > 言の葉礼状

言の葉礼状

故人様と最後のお別れに、時間を割いて来て頂く会葬者の方々に『ありがとう』と感謝の心を伝えたい。
そしてこれから別れ逝く『大切な人』は、いつまでもみんなの心の中に生き続ける。
そう願うご遺族の『想い』を、『言の葉礼状』に込めて…

言の葉1:『海辺の足あと』

言の葉2:『華の道』

言の葉3:『ぬくもり(太陽)』

言の葉4:『ぬくもり(月)』

言の葉5:『天使の子』

『言の葉礼状』作者の想い

最期のお別れは、永遠のさよならではありません。しかし愛する家族、親しかった友人、お世話になった恩人との最期のお別れの辛さは、言葉では表現しきれるものではありません。でもそれ以上に、これまで共に過ごした楽しく嬉しい思い出の数々は、溢れてやまない想いとなって心の奥底にあるはずです。
言葉ではうまく伝えられない…そんな想いをこの言の葉礼状に乗せられたら、と思いました。

お別れは辛いけれど、再びまた会える日までお互いが「これまで」と「これから」に感謝しながら人生を精一杯味わうと約束することで、この最期の日を大切に過ごしたい。そのためにも、携わる人たちすべて(ご当家はもちろん、ご親戚、ご友人、スタッフ)が「ありがとう。出会えたことに感謝します。また会える日まで…」という思いでお送りできますよう、心の在り方そのものから新しいお見送り方を考える機会にできたらと思います。

秋田 緑(あきた みどり)愛媛県生まれ

企画デザイン会社に3年間所属後、出版社営業職を経て、
24歳の時にプランニングデザインオフィス「greenti (グリーンティ。)」設立。
企画とデザインを合体させたフリープランニングデザイナーとなる。
1999年からメッセージを込めた言葉とシンプルなイラストを1枚のハガキに描く「言の葉カード」を制作。絵本「幸せの種まき」「幸せの種まき2~奇跡の軌跡~」は週間ベストセラー1位を獲得。「良い言霊と笑顔のパワー」をテーマに、講演会・イベントも開催。